ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   安定成長下における技術開発推進への課題
第3章  技術開発推進への課題

前章までにおいて見てきたように,今後,我が国の社会経済が直面する諸問題の解決に当たって科学技術に課せられた役割は一層大きくなっている。

すなわち,今後の我が国の存立基盤を確保する上で最大の課題である資源,エネルギー問題に対処し,また,加工貿易立国としての我が国の国際競争力を維持していく上で,更に環境・安全問題,保健・医療問題などの我が国の社会に内在する諸問題に対処し,安全で快適な国民生活を実現していく上で,その鍵を握っているのは科学技術であると言える。このため,我が国は更に新たな科学技術の発展を目指して一層の努力を続けなければならないが,今日まで我が国の科学技術の発展を支えてきた重要な要素の一つである海外からの技術導入が,次第に困難となることが予想されていることから,また,上述の諸問題のように,海外の技術に依存するのみではもはや対応できない種類の問題が増加してきていることから,我が国独自の技術開発を進めていくことが不可欠となってきている。このためには,まず,技術開発を進める上で大きな原動力となる研究投資の拡充を図ることが急務であるが,近時の経済情勢の変化によって,国においても,また民間においても研究開発資金の確保に制約が加わっており,今後は特に研究開発資金の効率的な運用とそれによる効率的な技術開発を進めていくことが,従来にも増して強く要請されていると言えよう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ