ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
2  我が国における科学技術情報活動
(1)  総合センターの動向


総合センターは,科学技術情報の全国的流通システム(NIST)が全体としての機能を十分に果たし得るように,科学技術の全分野にわたる共通的基本的な文献情報を処理し,NISTにおける各種専門センターなどの活動基盤の強化に資する役割を持っている。この総合センターとしては,日本科学技術情報センター(JICST)が必要な機能を加えてこの役割を果たすことになる。

以下,日本科学技術情報センターの活動状況について述べる。

日本科学技術情報センターの業務は大別すると,情報収集整理業務と情報提供業務の2つに分けられる。まず,情報収集整理業務としては,昭和50年度において,国外逐次刊行物5,400種,国内逐次刊行物2,700種,外国特許関係資料57,000件,技術レポート32,000件,国際会議資料350件及び特許公報38種などを収集し,これらの収集文献情報について約4,000人に及ぶ外部協力者の協力の基に抄録を作成し,分類コードとキーワード付与を行って,科学技術文献速報などを編集している。

情報提供業務は,出版業務と受託業務とからなっている。出版業務としては,科学技術文献速報(物理・応用物理編,化学・化学工業編(外国編),化学・化学工業編(国内編),金属工学・鉱山工学・地球科学編,機械工学編,電気工学編,土木・建築工学編,原子力工学編,環境公害編,管理・システム技術編の10シリーズ,収録文献数は約34万件でこの内容を磁気テープの形でも提供している。),海外技術ハイライト,外国特許速報(化学編),中小企業海外技術情報,食品工業技術情報,JICST科学技術用語シソーラス,情報管理(月刊誌)などを出版している。

受託業務としては,複写サービス,翻訳サービス,調査サービス,コンテンツシートサービスなどを行っている。

電子計算機による文献検索サービスは,現在,日本科学技術情報センター作成のJICST理工学文献ファイル,米国ケミカル・アブストラクトサービス(CAS)作成のCAC化学文献ファイル及び米国国立医学図書館作成のMEDLARS医学文献ファイルについて行っており,これのオンライン化を昭和51年10月に予定している。

更に,クリアリングサービスについては,国公立試験研究機関670機関を対象にして収集した資料を基にした「公共試験研究機関案内」を発行している。

なお,支所を名古屋,大阪,広島,福岡に続いて昭和50年には,東京にも設置し,地域サービスの強化を図っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ