ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1  科学技術情報の全国的流通システム(NIST)の計画


我が国の科学技術情報流通体制の本格的な整備については,昭和32年に内外の科学技術情報を迅速かつ的確に提供する機関として日本科学技術情報センターが設立されたことに始まるが,昭和44年10月に至り科学技術会議は内閣総理大臣の諮問第4号「科学技術情報の流通に関する基本的方策について」に対して,  「科学技術情報の全国的流通システム(NIST)」の構想を答申した。

この答申は,科学技術の諸活動の効率的な推進のためには,科学技術情報流通の円滑化を図ることが重要であり,このために各種情報機関を有機的に結合させ,全国的な流通システムを整備確立することの必要性を指摘したものである。

NIST構想が答申されて以来,科学技術庁はその整備に資するため,昭和45年から2か年にわたり,情報関係専門家からなるN工ST検討委員会を設けてNISTの総合的な機能分析を行った。

昭和48年2月には,更にその具体化を図るため,科学技術庁に科学技術情報懇談会を設けて,関係16省庁の協力の下に調査審議を行い,昭和49年8月に,  「科学技術情報の全国的流通体制の整備に関する報告」をとりまとめ,現在,その報告を踏まえつつ具体的な推進を図っている。

NISTの構想の概要は,次のとおりである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ