ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術発展の回顧と新たな課題
第1章  科学技術発展の回顧
第1節  戦後の科学技術発展過程の概観
3  昭和30年代前半


昭和20年代に戦後復興を完了した日本経済は,30年代に入ると本格的な技術革新の時代を迎え,科学技術は経済の発展及び国民生活の向上の原動力となった。

技術革新の中心は重化学工業であったが,技術の総合化・大規模化によって,技術革新の進展は個々の産業内にとどまらず,他の産業との関連性を拡大し,相互に近代化投資を呼びあって,産業全般においてもうら的な新技術の導入と膨大な設備投資が行われた。この結果,我が国の産業はその相ぼうをほぼ一変し,急速に重化学工業化が進行するとともに技術水準も欧米諸国の水準に大きく接近した。

一方,旺盛な技術導入と大規模な設備投資による技術革新の進行は,企業の経営革新の必要性をも増大させ,日本生産性本部(昭和30年設立)を中心として,欧米の経営管理技術の体系的導入が始められた。

主要工業部門について主な動きを示すと,例えば,鉄鋼部門では,高炉の大型化,純酸素上吹き転炉(LD転炉)の採用,圧延工程の大型化・連続化・自動化,一貫製鉄所の建設,電力部門では,田子倉,黒部第4,奥只見,御母衣などの大型水力開発の着工,大容量火力発電機の導入,化学工業部門では,ポリスチレン・ポリエチレンの量産開始,石油化学コンビナートの出現,合成繊維部門では,ナイロン・ビニロン生産の本格化とアクリル・ポリエステル系合成繊維の企業化,機械工業部門は, ミシン,カメラ,時計,双眼鏡などの軽機械の輸出の増大,電気釜,電気洗濯機,扇風機,テレビ,電気冷蔵庫など家庭電化製品の量産体制の確立と爆発的普及などをあげることができる。

農業部門では,労働生産性の向上を図るため機械あるいは化学資材の利用による省力化技術が進んだ。すなわち,動力耕うん機,動力防除機などの普及,ヘリコプターによる農薬の空中散布の実用化,除草剤や化学肥料などの利用の進展などがその一例である。このほか革新的農業技術として,ビニールフィルム・ポリエチレンフィルムを利用したトンネル・ハウス栽培の普及,ぶどうのジベレリン処理なども特筆されるところである。

なお,昭和31年には我が国の科学技術行政の総合的推進官庁として科学技術庁が設置され,更に,農林省農林水産技術会議(昭和31年),科学技術会議(昭和34年)の設置,民間企業における中央研究所の設置などが相次ぎ,我が国の科学技術推進体制は一層強化された。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ