ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術発展の回顧と新たな課題
第1章  科学技術発展の回顧
第1節  戦後の科学技術発展過程の概観
1  昭和20年代前半


戦前の我が国の科学技術は,軽工業や一部の軍需関連産業を中心に,ほぼ欧米の水準にまで達していたといわれているが,戦争への突入によって外国技術としゃ断されるとともに,目立った進歩はみられなくなり,終戦時の我が国の科学技術水準は,欧米先進国から大きな立遅れを示すこととなった。

戦後になっても,数年間は,極度の社会経済の混乱の中で,科学技術活動にはほとんど見るべきものがなかったが,学術体制刷新委員会の設立(昭和22年),日本学術会議及び科学技術行政協議会の設置(昭和24年),国・公立試験研究機関の再編成〔工業技術庁(昭和23年),農業技術研究所及び地域農業試験場(昭和25年),予防衛生研究所(昭和22年),地方衛生研究所(昭和23年)の設置など〕,新制大学の発足(昭和24年)など,その後の我が国の科学技術活動推進のための体制の整備が進んだ。また,「外国為替及び外国貿易管理法」(昭和24年)及び「外資に関する法律」(昭和25年)の制定は,その後の技術導入を中核とする産業分野の技術革新達成の重要な条件整備の一つとなった。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ