ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章   政府機関等における研究活動
3   国立大学における研究活動


国立大学における研究は,多数の分野にわたり,基礎研究を主体として研究者の自由な発想の下に実施されている。これらの研究には,経常的な研究のほかに特別研究的なものがあり,学部,附置研究所等において実施されている。

経常的な研究は,主として教官当たり積算校費により賄われているが,教官1人当たり額の年次推移は 第3-2-17表 に示すとおりである。 

一方,特別研究的なものとしては,特別事業,臨時事業及び国際共同研究があり,特定のプロジエクトを学部と附置研究所との共同等により推進している。特別事業等の昭和47年度以降の課題及び予算額は, 第3-2-18表 のとおりである。

このほか,学術振興を目的とする助成金として科学研究費補助金があり,その相当部分が国立大学関係に支出されており,国立大学における研究活動促進の重要な一環を担つている。昭和49年度には,139億円となつており,前年度と比べ18.1%の増加となつている (第3-2-19表)

第3-2-17表 国立大学教官当たり積算校費の推移(単位円)

第3-2-18表 国立大学,附置研究所における特別事業等

第3-2-19表 科学研究費補助金の推移(単位百万円)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ