ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章   科学技術情報活動の動向
3   科学技術情報の処理技術の研究開発


科学技術情報を効率的に円滑に流通させるためには,多様かつ膨大な量の科学技術情報を整理し,蓄積するとともに,必要に応じて蓄積情報を敏速かつ適確に検索し,提供する技術が不可欠である。

特に,多様化し増大する情報を適確に処理し利用者の用に供するためには,電子計算機を利用した情報検査システムの確立が必要となつており,各情報機関において積極的にその研究開発が進められている。

このほか,情報の整理,蓄積,流通に関する技術,情報の記録伝送に関する技術,情報検索に関する技術,言語処理技術,情報処理ハードウェアに関する技術など多くの研究開発が進められている。

以下,我が国の主要な情報機関における研究開発について概観する。

日本科学技術情報センター(JICST)は,昭和42年に漢字処理の可能な電子計算機システムを導入し,漢字,カナを用いた科学技術文献速報の自動編集システムなどを開発するとともに,JICST理工学文献ファイル(和文),MEDLARS医学文献検索ファイル(英文)及びCAコンデンセーツ(英文)を用いたバッチ検索システムを開発して,現在,それらによるサービスを開始している。

また,昭和49年度からは,リアルタイム処理による即時文献検索システムの開発を進めるとともに,これらの成果を基に,利用者の自由な端末操作により容易に情報検索を可能とするシステムを実現するための準備を進めている。

更に,情報提供の高度化,多様化などを図るために,実用シソーラスの作成,既存磁気ファイルの多種利用技術の検討,ディスプレイ装置による漢字入力の校正システムの実験などを行いつつ,必要な技術開発を進めている。

国立国会図書館は,昭和45年に漢字処理可能な電子計算機システムを導入して以来,欧文逐次刊行物所蔵目録の編集システム,国会会議録の総索引の編集システム,米国議会図書館作成のMARCテープを用いた洋書の編集,検索システム及び米国商務省作成のUSGRA テープを用いた海外科学技術資料月報(ADレポート, PBレポートが対象)編集システムを開発し,現在それらを実用に移している。更に,和文逐次刊行物所蔵目録の編集システムの開発を進めるとともに,納本週報,全日本出版物総目録,蔵書目録,各種主題書誌の編さん及び印刷カードの作成を含めた日本版MARCの開発並びに雑誌記事索引の機械編さんシステムを中心とした技術開発を予定している。

(財)日本特許情報センターは,特許の書誌的事項(出願番号,公告番号,発明者,出願人,特許分類,発明の名称など40項目)データを蓄積した検索マスターテープを用いた検索サービスを実施するとともに,ファセット分類による特許の技術内容面の検索システムを特許庁から引き継いで研究開発し,現在,検索サービスを行つている。同センターでは,また,会社別,分類別などの特許件数を電子計算機で集計作成する統計作成システム及び公開公報対策として,キーワード方式と分類方式の併用を主体とした広域検索システムも開発しいる。

(財)日本医薬情報センターではオランダのエクセルプタ・メデイカ財団の提供する電子計算機ベースを用いる医薬品情報システムであるDRUGDOCの導入検討を行うとともに,そのサービスネットワークについて調査している。

(財)国際医学情報センターでは,医学教育に関する情報のサービスシステムを開発し,現在,実験サービスを開始している。同センターでは,これに次いで薬の名称変換ファイルの作成及びその検索システムの開発を進めるとともに,医療統計,診療情報,医薬品情報などの情報を総合的に処理し,利用に供する医療情報のサービスシステムの開発を進めている。

更に,医療情報システムに関する基本的かつ総合的な調査,研究,開発,実験等を行うことを目的に,昭和49年7月,(財)医療情報システム開発センターが設立され,医療情報システムの研究開発を推進している。

以上のほか,この他の情報機関,大学,企業等においても,それぞれの立場に応じて研究開発が進められている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ