ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   安定的発展への新たな要請と科学技術
第4章   産業の新展開に貢献する科学技術
第4節   共通的基盤的科学技術の動向


これまで述べてきた産業技術の新展開を促すためには,科学技術全般の向上を図り,かつ,革新的な新技術の萌芽を培養する例えば電子技術,材料技術のような共通的基盤的な技術の進展が必要である。

科学技術庁計画局で行つた「民間企業における研究活動に関する調査」の結果によれば,我が国の主要企業における現在の共通的基盤的技術の技術水準は,先進諸国と比較した場合「全体的に並行している」という見方が60%,「全体的に先行している」が12%となつており,先進諸国の水準にほぼ追いついていると見ることができる (第1-4-18図)

第1-4-18図 我が国の共通的基盤的技術の水準(先進諸国との比較)

しかし,これを各分野別に見れば,必ずしも同じ傾向ではなく,すべての分野の水準を向上させるためには研究開発におけるなお一層の努力が必要である (第1-4-19図)

第1-4-19図 各共通的基盤的技術の水準(先進諸国との比較)

以下,電子技術,材料技術,極限技術,分析技術,測定技術,標準技術,触媒技術,微生物利用技術という共通的基盤的技術について,最近の動向を概観することとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ