ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   安定的発展への新たな要請と科学技術
第4章   産業の新展開に貢献する科学技術
第3節   技術開発の新展開


第3章で述べたように,我が国の資源・エネルギーの需給構造は,海外依存度,石油依存度が高い等の特徴を有するため極めてぜい弱であると言え,今後積極的に資源・エネルギー対策を推進する必要があり,なかでも,省資源・省エネルギー技術への期待は大きい。また,エネルギー利用の増大,産業設備機器の大型化・高速化,新しい化学的物質の増大等は,環境汚染の深刻化,重大な災害や新しい職業性疾病の発生等をもたらしており,公害防止技術及び安全化技術の開発は国民生活の質的向上を図る上で重要な課題となつている。

一方,労働力の面においても,近年の労働の質に対する社会的価値観の変化等により大勢的には不足をもたらしつつあるため,省力化技術の開発も今後積極的に取り組まねばならない重要な課題となつてきている。

以上の観点から,これからの産業の新展開に貢献する技術開発課題として,省エネルギー技術,省資源技術,省力化技術,安全化技術及び公害防止技術を取り上げ,各課題の研究開発の動向を概観する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ