ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   安定的発展への新たな要請と科学技術
第2章   健康・安全など国民生活の向上に貢献する科学技術
第4節   安全性の確保
2   自然災害の防止


我が国の自然災害には,台風,豪雨,地震,地すべり,火山噴火,雪,波浪,高潮,津波などによるものが挙げられる。

これらの災害を生ずるような自然現象と災害を生じないような自然現象との間の特徴的な差異は,突発的集中的な現象と連続的,安定的な現象という違いであろう。地震のように突発するもの,集中豪雨や強風のようにある狭いところに集中するもの,洪水のようにどこかの堤防が突然破壊するもの,というように災害を伴う現象は思いもよらないことから発生する。

したがつて,防災科学あるいは防災技術に関しては,思いもよらぬ突発的,集中的な現象をどの程度予知・予測し得るかが期待される大きな役割である。以下では,予知予測に関する研究開発の動向を述べる。

(研究開発の動向)

(1)強風,豪雨などの予知・予測研究

強風,豪雨などの局地特性を明らかにするため,3次元的地形を考慮した局地風の研究や水害発生機構に関する研究が行われている。また,地球大気開発計画(GARP)に基づく総合研究として南西諸島海域において大気の気団が変質し,前線や低気圧等が発生,発達する機構を解明するための研究を行つている。

豪雨による浸透流出,表面流出等の機構を実験的に解明するため,筑波研究学園都市に大型降雨実験施設が建設されており,本施設を用いた地すべり崩壊位置の予測等の実験的研究が行われている。

このほか,シラス地帯の集中豪雨災害防止に関する研究,レーダ雨量計についての研究が行われ,電話回線を用いた自動観測及び自動即時通報システムの整備が進められている。また,海上気象資料を充実させるとともに,台風,低気圧,豪雨,豪雪など日本に直接的に影響を及ぼす気象かく乱の常時監視に極めて有効な静止気象衛星を世界気象監視計画に基づき打ち上げるため,地上施設の整備を推進するとともに静止気象衛星搭載機器の研究を行つている。

波浪については,本邦近海の波浪の解析研究や波浪数値予報モデルの開発等波浪予知に関する研究が行われている。

なだれについては,グライドメーターによる全層なだれ予知に関する研究などが行われている。

(2)火山噴火の予知・予測研究

火山噴火の予知・予測については,火山性地震,火山性地殼変動,熱変化,重力異常などを対象にした研究が昭和49年度より5か年計画で行われている。この計画の中で,主として,赤外線映像装置による主要活火山の熱的状態の隔測の研究,火山性地殼変動の連続観測装置,火山性地震,脈動の頻度及びエネルギーの積算装置など観測効率を大きくする計器類の開発研究,短期予知のための火口縁辺の無人赤外カラー写真送受信装置の開発研究などが推進されている。

また,海底火山噴火の予知・予測を図るため,赤外線映像装置及びマルチバンドカメラを利用した試験研究が進められている。

(3)地震の予知・予測研究

地震発生と活動に関する研究では,日本列島付近の応力状態などの研究による地震予知理論の再検討,地下構造の局地性と電磁気現象の関係の研究,大地震の起こり方及びマグニチュードに関する研究などが行われている。昭和49年度から5年計画で行われる「地震予知の推進に関する第3次計画」では,地震予知研究観測体制の整備が図られるとともに,日本全域にわたる基本測量,特別の地域における観測,人工地震調査,岩石破壊実験,資料の自動処理化など予知のための総合的な研究が行われている( 第1-2-12図 ,第1-2-3表)

また,日本は国際研究協力の一環として,昭和48年度からGDP

注)

に参加しており,

1) 西太平洋下のマントル及び地殼の動きと構造の解明
2) 島弧の動きと構造の解明
3) マントル対流に関する基礎研究

を中心に研究を行つている。

第1-2-12図 地震予知の研究観測体制


注) GDP/国際地球内部ダイナミックス計画(Geodynamics Project): 地球内部の動力学的挙動に関する諸問題の解明を目指す国際計画であり,地殼,マントルの構造及び運動に関する研究や地球内部の種々の物性研究などを包括している。

第1-2-3表 第3次地震予知計画の内容



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ