ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部  政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
2  特殊法人研究機関等の研究活動
4  動力炉・核燃料開発事業団



〔高速増殖炉〕

大洗工学センターに建設中の実験炉は,昭和49年度末臨界を目標に,原子炉機器の据付工事を行つている。原型炉については「もんじゅ3次設計」の検討評価を実施するとともにチェックアンドレビユーの準備を進めた。

また,炉物理研究については英国の原子力公社所有の臨海実験装置ゼブラ炉で行つていた原型炉炉心の全模擬臨界実験を終了し,日本原子力研究所のFCAにおける部分模擬臨界実施を継続した。

ナトリウム機器の開発については,原型炉用機器の開発を中心に,主として大洗工学センターの各施設を利用して進めており,ナトリウム技術に関する研究開発も同時に行つた。

計測制御技術については,核計装,破損燃料検出系,プロセス計装などの開発を引き続き実施した。

更に,燃料材料の開発については,原型炉用燃料集合体の試作,流動試験,,海外炉における照射試験などを進め,大洗工学センターの照射後試験施設(AGF,MMF等)における照射後試験も実施した。

安全性の研究開発については,ナトリウム過渡沸騰試験,燃料破損伝熱試験,1次冷却材のFP挙動試験,耐衝撃試験,耐震構造試験などを行つて原型炉の安全審査に必要な資料を得た。

一方,高速増殖炉の重要機器である蒸気発生器の開発については,大洗工学センターにおいてナトリウムー水反応試験,小型蒸気発生器試験を継続して行うとともに,50MW蒸気発生器試験施設の建設を進めた。


〔新型転換炉〕

新型転換炉原型炉は,初装荷燃料に微濃縮ウラン及び一部プルトニウム富化天然ウランを使用する重水減速沸騰軽水冷却炉で,51年度初頭臨界を目標に45年度より建設に着手し,現在工事を進めている。

また原型炉の研究開発も設計コード,主要部品,機器,燃料,材料開発等各分野にわたり,諸機関を利用して鋭意実施しているが,特に大洗工学センターでは大型試験設備による開発試験を実施し,これまで多くの成果を挙げ,実機の設計,製作に反映させた。


〔遠心分離法によるウラン濃縮技術の開発〕

分離機構の研究,遠心機の単純化・標準化のための研究,システムとしての信頼性試験及び将来を目指しての遠心機の高性能化の研究等を進めた。また,ウラン濃縮工場の基本となるカスケードシステムも諸特性をは握するための第1次カスケード試験施設の建設を行つた。このほか,構成要素の研究開発として,回転胴の製作技術の開発,高速回転試験,耐食性試験等を進めるとともに,関連機器として,計測器類,コールドトラップ等の開発,各種機器の六フッ化ウランコンダクタンス,耐食性等の試験,カスケードの特性解析等を行つた。


〔軽水炉用プルトニウム燃料の開発と製造〕

昭和50年代にプルトニウム燃料を商業用軽水炉へ装荷できる技術を確立することを目標として,プルトニウムの軽水炉リサイクル,技術確立のため燃料設計,製造技術及び照射試験を実施した。

このほか,燃料設計,燃焼管理システムの開発について燃料設計,燃料仕様及び検査要領等の一連の標準化を進めた。


〔再処理施設の建設〕

原子力発電所の使用済燃料を国内で再処理し,原子力発電計画の円滑な遂行と核燃料サイクルの確立を図るため,茨城県東海村において49年度操業開始を目標に再処理施設の建設を引き続き進めた。


〔ウラン資源の探鉱開発〕

海外ウラン資源の自主開発による確保を目標に,カナダ,オーストラリア等において基礎的な調査活動を実施した。また,国内においては東濃地区等において探鉱を進めるとともに,人形峠鉱山において,探鉱製錬試験を引き読き実施した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ