ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第5章  主要国の科学技術政策
5  ソ連
(2)  科学技術行政機構


第2-5-7図 科学技術行政機構

ソ連における研究開発は,ソ連邦大臣会議,科学技術国家委員会,ソ連邦科学アカデミー,ソ連邦及び連邦構成共和国(以下,「共和国」という。)の各省,分野別科学アカデミー,共和国科学アカデミー及び企業において進められている。

これらの機関のうち特に重要な役割を担つているのは,科学技術国家委艮会及びソ連邦科学アカデミーである。

科学技術国家委員会は,全連邦組織であつて,1)科学技術発展に関する基本的方向を定め,2)境界領域問題の開発を行い,3)研究効率の向上と研究開発の成果の早急な実用化を図り,4)科学技術情報の組織化を図るなどを任務としている。その権限は,1)政府機関,研究開発機関,企業等における技術水準,研究業務,人材養成等に関する審査を行い,2)必要に応じ他の政府機関に対し所管の研究開発機関,企業等で行われるべき課題を設定し,3)科学研究のための予備費及び予備的人員定数並びに給与を管理し,4)必要に応じて他の政府機関において行われている研究開発課題の中止を指示し,5)他の政府機関間の重要科学研究業務に関する係争問題を審査し,解決すること等である。また,同委員会は,ソ連邦政府及び共和国政府の機関の提案に基づき,科学研究業務に要する資金計画をソ連邦大臣会議に提出するとともに,ソ連邦科学アカデミー ソ連邦政府機関及び共和国大臣会議の科学研究に対する資本投下予算案に関するソ連邦国家計画委員会(ゴスプラン)の審査に参加している。

ソ連邦科学アカデミーは,国の最高科学機関であり,学術面での指導を行うものであるとされている。ソ連邦科学アカデミーは政府機関ではないが,ソ連邦大臣会議に直属しており,重要な科学研究業務計画に関し,大臣会議の承認を受けるとともに,その活動に関し,大臣会議に報告を行うこととされている。

ソ連邦科学アカデミーの機能は,1)先導的研究の組織化と実施,2)自然科学と人文科学の発展に関する指導と調整及び,3)科学技術国家委員会との共同で国の研究の基本的方向の決定と計画の承認を行うことである。また,ソ連邦科学アカデミーは,共和国科学アカデミーの指導を共和国大臣会議と共に行つている。

ソ連邦及び共和国の各省等はそれぞれの所掌する分野に関する研究開発機関を有しており,科学技術国家委員会の調整の下に研究開発を進めている。

また,分野別科学アカデミーの指導は,ソ連邦の省が行つている。原子力開発については,ソ連邦原子力利用国家委員会が中心となつて,動力電化省等関係省との協力のもとに進めている。また,宇宙開発については,ソ連邦科学アカデミーを中心としてソ連邦大臣会議付属水文気象庁等利用機関の参加の下に進められており,その国際協力計画については,ソ連邦科学アカデミー宇宙空間研究利用国際協力会議を通じて進められている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ