ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第4章  国際交流の動向
2  二国間協力活動


科学技術における二国間協力活動は,環境汚染,食糧不足,天然資源の枯かつなどの全地球的問題や都市問題,南北問題等を背景にますます活発化する方向にある。先進国との協力においては,各国とも環境汚染,都市問題,エネルギー問題など先進諸国に共通の問題の解決に迫られているので,これに対応した国際研究協力を推進する機運が年々高まつている。こうした情勢を反映して,最近までアメリカを中心に展開してきた我が国の協力活動も西ドイツ,フランス,ソ連,カナダ等の諸国にまで拡大され,協力の形態も調査団の派遣,科学技術協力協定の締結等の形で急速に具体化しつつある。

開発途上国との協力においては,世界共同体の一員としての連帯意識の下に,人類の世界平和と豊かな福祉社会の建設のため,科学技術の研究開発活動を強化するとともに開発途上国との国際研究協力を推進することが望まれている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ