ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部  科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
2  科学技術情報の流通
(3)  専門センターの動向


専門センターはそれぞれの専門分野に関係する情報について,専門的なサービスを円滑に行う役割を持ち,当該専門分野の情報の収集,加工,分析などを行うものである。

専門センターはNISTにおいては第2-2-2表に従つて整備することになるが,現在,それぞれの分野における活動状況には大きな差異があり,かつ民間に負うところも大きいので,その育成方策の確立が強く望まれている。

以下,我が国の専門センター活動について概観する。

環境公害分野:JICSTでは環境公害文献集を発行しているが,環境庁がこの文献集の一部をサービスするとともに,国立公害研究所が環境公害に関する情報活動を進めている。

防災科学技術分野:国立防災科学技術センターが防災科学技術資料(文献及び主要災害資料等)の収集,整備を行つている。

原子力分野:日本原子力研究所が自身の研究成果の普及活動を行うとともに,国際原子力機関(IAEA)の設立した国際原子力情報システム(INIS)の我が国における担当機関となつているため,我が国で発生する原子力関係の情報を収集処理してINISにインプットし,INISで集積した各国の情報を受けてサービスしている。

海洋科学技術分野:海洋科学技術センターが海洋科学技術関係の資料の収集,整理及び潜水データの収集,整理を行つている。

中小企業分野:中小企業振興事業団がJICST発行の中小企業海外技術情報をサービスするとともに,事業団内に中小企業情報センターを設け,かつ各府県の公設試験研究機関に技術情報室の整備を図り,中小企業のための技術情報サービスネットワークの確立を図つている。このような技術情報室を昭和48年度には秋田,新潟,群馬,福島,長野,静岡,三重,愛知,和歌山,大阪,兵庫,岡山及び徳島の13府県に設置したが,引き続き昭和49年度以降も設置を順次拡大するとともに,その装備拡充を行う予定である。

熱帯農業分野:国立熱帯農業研究センターが熱帯農業に関する資料の収集,整理を行つている。

医学分野:慶応大学医学情報センターの業務の一部を引き継いで昭和47年7月に設立された(財)国際医学情報センターが,抄録誌,索引誌などの発行及び文献調査,クリアリングなどのサービスを行うとともに,国内分献の一部を索引化してMEDLARSにインプットし,更に日本原子力研究所の委託によりINISへのインプット情報のうちの医学生物学系情報の処理を行つている。

医薬分野:(財)日本医薬情報センターが日本医薬文献抄録カード,標題速報誌,日本医薬品集などを編集発行するとともに,約500ケ所の病院の薬剤部に依頼してそれぞれの病院で発生した副作用に関する医薬品の副作用情報のモニタリング制度を実施している。

特許分野:(財)日本特許情報センターが,第一検索システム(書誌的事項検索システム)及び第二検索システム(技術内容検索システム)を開発して電子計算機による特許情報サービスを行うとともに,公開特許出願抄録誌,特許,実用新案の索引誌などを発行している。更に,国際特許情報センター(INPADOC)に特許庁が参加しているが,特許庁の外注を受けて我が国の特許の書誌的事項をインプットしている。

このほかに,(財)日本船舶振興会,(社)日本鉄鋼連盟,化学情報協議会などの業界団体又は学協会などを中心とした情報活動がかなり進められている。

更に,専門センターの担う重要な業務の一つに文献情報の分析,評価によるレビュー誌の作成があるが,この業務における分析,評価技術は我が国では確立していない。このため,科学技術庁では,昭和47年度から 「材料技術」,「電子通信」,「海洋科学技術」を取り上げてそれぞれ(社)資源協会,(社)電気通信協会及び海洋科学技術センターに委託して総合レビュー活動の推進を行つており,更に昭和49年には前記テーマに「ライフサイエンス」を追加して(財)日本科学技術連盟に委託した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ