ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部  社会発展基盤の強化と拡大のために
第2章  資源・エネルギー基盤の強化
第3節  水資源の体系的な開発・利用
1  現状と問題点


我が国は,古くから水資源には恵まれている国といわれている。

水資源は,降水から河川水,地下水,更には蒸発という循環の過程で様々な態様で存在する。

我が国の降水量は,地域及び季節によつてかなりの差があるが,年平均約1,800mmで,国土全体では,年間で6,700億m2 程度となつている。

第1-2-11図 は,世界の主要国の降水量を比較したものである。これによると,我が国は単位面積当たりの降水量は世界の平均を上回つているが,人口1人当たり降水量は世界平均を大幅に下回つており,一般にいわれるほど水資源は豊かとはいえない。

第1-2-11図 世界主要国の降水量の比較 (1967年)

我が国の水需要は,近年における著しい産業の発展,都市化の進展,生活水準の向上等によつて急激に増大している。

水需要は,生活用,工業用,農業用に大別できる。

生活用水の需要を上水道の推移で見ると,年間給水量は,給水人口,普及率及び1人当たり平均給水量の増大に伴い,昭和36年に対する昭和46年の伸びは2.3倍と増加している( 第1-2-7表 )。

第1-2-7表 上水道給水状況の推移

なお,簡易水道,専用水道を含めると普及率は82.7%に達している。

工業用水については,回収率の向上等が図られたことにより,昭和36年に対する昭和46年の伸びは1.6倍にとどまつている( 第1-2-8表 )。

上水道及び工業用水における水利用の現況については 第1-2-12図 第1-2-14図 に示すとおりである。

第1-2-8表 工業用水利用状況の推移

第1-2-12図 上水道用途別年間給水量 (昭和46年)

第1-2-13図 工業用水業種別淡水使用状況 (昭和46年)

第1-2-14図 工業用水用途別淡水使用状況 (昭和46年)

農業用水は,その利用量を正確には握することは困難であるが,夏期かんがい期間中(約100日間)の需要量は,全国で約530億m3と見られている。

第1-2-9表 は,水需要の予測であるが,これによると,水需要全体で昭1和45年から60年までの間に,年率2.6%程度の伸びが予想されており中でも工業用水及び生活用水は年率5%程度の伸びが予想されている。

第1-2-9表 用途別水需要の経年変化及び予測(単位:億m3)

また,水需要の特色としては,夏期かんがい期間中に都市用水の需要ピークがあり,水需要が最大になるにもかかわらず,この期間に渇水期が訪れること,水資源の賦存量の比較的少ない太平洋側に大都市が集中し,大きな水需要が発生することなどが挙げられる。

これに対し水資源開発について見ると,農業用水を始め当面の利水が我が国の河川の渇水流量をほとんど利用しつくしているため都市用水の新規水源を,主としてダム築造によらなければならず,しかも有利な地点の開発が先行し,後発の利水ほど開発費の負担が大きくなり開発も困難となつている。

このような事情を背景に,今後は,特に南関東,京阪神,北部九州等の地域での深刻な水不足の発生が憂慮されている。

一方,このような水需給問題とともに水質汚濁による環境問題や水資源の価値の低下という重要な問題も生じている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ