ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部  社会発展基盤の強化と拡大のために
第1章  科学技術に課せられた役割

あらゆる人々が豊かで潤いがあり,かつ活力に満ちた生活を送れるような社会の建設,すなわち社会の発展を図るためまず重要なことは,長期的立場から社会の抱えている問題の解決のために社会のあらゆる分野において努力を傾け,着実にその発展の基盤を固めていくことである。

科学技術の進歩発展が著しく,社会のすみずみまでその大きな影響が及んでいる今日においては,科学技術は社会発展基盤の強化のため重大な責務を負つている。

このような観点から見ると,我が国において,科学技術に強く求められていることは, 一つは,社会のあらゆる活動の物的な基礎である資源・エネルギーの安定確保や有効利用に貢献して資源・エネルギー問題の解決を図ることであり,一つは,国民生活の質の基礎をなす快適で安全な環境の確立を図ること及び医療,交通等の社会サービスの充実に貢献して環境問題,医療・保健問題,都市問題等の解決を図ることであるといえよう。

このような考え方に立つて,本章においては,まず資源・エネルギー問題及び国民生活の質に関する諸問題に目を向け,次いでそれらに対処する科学技術への課題を明らかにするとともに,課題達成に当たつて留意すべき点について述べることとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ