ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
1  研究機構等の整備


研究活動の効率的な推進を図るためには,適切な研究機構の整備は不可欠の条件であるが,国においてもその整備・合理化に積極的な努力を払つている。

すでに昭和46年度において,海洋科学技術センター,中国工業技術試験所および高エネルギー物理学研究所の新設等が行なわれたが,これに引き続き,昭和47年度においては,農林省園芸試験場および東海近畿農業試験場を改組して野菜を中心とする食品の生産・流通に関する技術開発を行なう野菜試験場および果樹を中心とする食品の生産・流通に関する技術開発を行なう果樹試験場を設立するとともに,農林省食糧研究所を改組強化して食品一般の利用加工から流通面までに及ぶ技術開発を行なう食品総合研究所を設立した。これらはいずれも流通面での技術開発を重視して行なわれたものである。

また,環境庁では,国立公害研究所の設立準備を進めている。

このほか,既存の国立試験研究機関においても,部,研究室の増設を行なうなど研究機構の整備充実を推進した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ