ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
4  多分野の協力による研究開発の推進
(3)  海洋開発


近年における産業活動の急速な拡大と生活水準の上昇は,著しい速度で資源需要を増大させつつあるが,これに対処するためには,陸上資源と並んで海洋資源の開発利用が不可欠となつている。

第3-25表 宇宙開発関係予算 (単位 千円)

わが国の海洋開発は,基本的,総合的事項の審議を海洋開発審議会で行ない,海洋科学技術の研究開発は,海洋科学技術開発推進連絡会議の策定した実行計画に沿つて,関係各省庁の協力により進められている。

第3-26表 主要各国の宇宙開発予算の推移

主要実施事項は次のとおりである。

シートピア計画(海中居住実験計画)については,47年8月,海中作業基地を用いて水深30mにおける居住実験を行ない,成功を収めた。

一方,海洋の諸機構の解明を図るため,豊後水道海域精密海洋観測総合調査を行なう等の調査研究を実施した。

これらとともに,潜水調査船「しんかい」の運用,潜水シミュレーターの建造など所要の事項を実施した。

なお,海洋開発関連経費を 第3-27表 に,主要国の海洋開発予算の推移を 第3-28表 に,それぞれ示す。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ