ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
3  科学技術情報処理技術の研究開発


科学技術情報流通技術の研究開発は,コンピュータを利用した情報の編集,検索技術の研究開発を中心に進められている。これは,今日の増大する情報ニーズに対して,人手による従来の方法では,訓練された技能者があまりにも少なく,また,即応的要求に対して応じきれないことに大きく起因している。このため,情報の編集,検索技術に必要な分類およびシソーラスについて研究開発が広く行なわれている。

また,科学技術情報の流通上大きな障壁となるものに,言語上の問題があり,機械翻訳技術の実用化がまたれる。しかし,これは非常に高度な技術分野であることから,一部の大学,国立研究所等で比較的小規模に行なわれているにすぎない。

このほか,情報流通面では,情報伝送技術,複写技術,マイクロイメージ技術等を利用するが,これらは技術の中心的位置にはないことから,ここでは述べないこととする。

以下,主要機関における情報の編集・検索を中心とした技術開発の現状を述べる。

日本科学技術情報センター(JICST)は,昭和42年に漢字処理の可能なコンピュータシステムを導入して以来,科学技術文献速報編集システム,同検索システム,用語管理編集システム等の開発のほか,MEDLARSの導入利用試験を行なつた。現在は,JICSTシソーラスの編集,校正システムの開発,CASの利用実験,既存情報ファイルの多様利用技術の開発などを行なつている。

国立国会図書館は,昭和45年に漢字処理の可能なコンピュータシステムを導入して以来,昭和47年3月に国会会議録の編集システムを開発し,現在和雑誌についての所蔵目録の編集システムを開発中である。洋雑誌については,昭和46年10月,欧文逐次刊行物所蔵目録の編集・検索システムを開発した。また海外情報のファイル利用面では,米国連邦議会図書館作成のMAR C2を利用して,洋書についての編集・検索プログラムを,また,米商務省作成のGRAを利用して,海外科学技術資料月報の編集プログラムを開発した。

日本特許情報センターは,特許庁が行なつていた情報検索システムの開発を引き継ぎ,技術内容面の検索システム(第2検索システム)の開発を進めている。これは,ファセット分類の方法によるもので,現在までに自動車,金属圧延,半導体,内燃機関,電子部品の5種のサブシステムの開発を完了し,さらに測定電動機,化繊,磁気録音,電気通信の5種のサブシステムを開発中である。

以上のほか,コンピュータ等の機器を利用して情報活動を行なつている情報機関,企業等においては,それぞれの方法による情報システムの開発を進めており,また,これと相まつて,内部利用のシソーラス,分類等の開発を行ないつつある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ