ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第3章  民間等に対する助成と委託
2  新技術の委託開発とあつせん


研究成果の活用,新技術の普及を促進することは,研究活動と並んで重要なことである。

外国から導入する技術は,企業の立場からすれば,安心して利用することができるのに対し,国産新技術の場合は初めて企業化されるものであることから,企業としてその成否に不安が大きく,企業化が見送られる場合が多い。また,たとえ企業化に不安の少ない新技術があつても,研究室に眠つていて,企業化される機会を逃がす場合がある。

このため,企業化が著しく困難な新技術については企業に開発費を出し,開発に伴う危険負担を軽減するとともに,企業化が円滑に進むよう仲介を行なう委託開発制度が設けられ,新技術開発事業団によつて運営されている。

同事業団の委託開発状況は, 第3-34表 に示すとおりである。

第3-34表 新技術開発事業団による委託開発状況

その委託開発の状況をみると,昭和47年3月末現在開発に成功したもの55件,開発が不成功に終つたもの5件という高い成功率を示している。

開発の成果は,逐次企業ベースにのつて本格的生産に移されているが,昭和46年度においては,「二軸回転式摩擦圧接機の製造技術」,「超伝導マグネット用導線(金属間化合物系)の製造技術」,「大型スネークパイプの製造技術」,「超高周波半導体素子の製造技術」,「草炭を原料とする繊維質およびフミン質の製造技術」および「血球抵抗測定装置の製造技術」について技術開発に成功している。

新技術開発事業団のもう一つの大きな業務である新技術のあつせんについては,これまでに28件(36社)行なわれており,とくに「液体噴霧装置」については現在5社にあつせんされ,また「酵素法によるぶどう糖異性化技術」は米国企業1社,国内4社にあつせんされ,それぞれ実施されている。

また,開発成果の普及については,「ラバープレス法による粉体の加圧成形品の製造技術」が5社によつて使用されているほか,「多層薄膜光学製品の製造」「真空脱炭法による低炭素フエロクロムの製造」「エクスパンデッド材の冷間ロール成形技術」「カーボンブラックグラフトポリマーの製造」および「超伝導マグネット用導線(合金系)の製造」の5件がおのおの1社に使用されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ