ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
4  研究の総合的推進
(3)  特別研究促進調整費による研究の推進


特別研究促進調整費は,国として重要と認められ,その成果が早急に期待される試験研究で,多省庁間にまたがる分野のもの,緊急に実施する必要のあるものに支出されており,新領域,境界領域の研究開発の総合的,効率的推進に重要な役割を果たしている。

現在,特別研究促進調整費は二以上の省庁が協力して行なう必要のある総合研究と予見しがたい事態の発生に対処して緊急に推進する必要がある緊急研究に分けて活用されている。

なお,研究分野のうち,本年度の環境科学技術の研究課題に関しては,環境庁の設置に伴い,科学技術庁と環境庁によつて所管されることになつた。

特別研究促進調整費の活用状況を 第3-29表 に,昭和46年度特別研究促進調整費の配分状況を 第3-30表 に示す。

第3-29表 特別研究促進調整費活用状況

第3-30表 昭和46年度特別研究促進調整費配分状況



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ