ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
3  国立大学における研究活動


国立大学における研究は,基礎研究を主体にして学部,附置研究所などにおいて実施されている。

国立大学における研究活動にも,国立試験研究機関における経常研究的な性格をもつものと,特別研究的なものとがあり,経常的な研究は,主として国立大学教官当たり積算校費(教官研究費)によりまかなわれている。昭和46年度の教官研究費は354億円で,前年度の319億円に比べて11.0%増加している。教官研究費の教官1人当たりの年次推移は, 第3-18表 に示すとおりである。

第3-18表 国立大学教官当たり積算校費の推移

特別研究的なものとしては,特別事業と臨時事業とが有り,特別のプロジェクトに対して学部,附置研究所が共同して推進している。その昭和44年度以降の主要課題およびその予算を 第3-19表 に示す。

第3-19表 国立大学,附置研究所における特別事業

このほか,わが国の学術の振興を目的とする科学研究費補助金は,昭和43年度以来文教予算の重要事項の一つとして取りあげられ逐年大幅な増加を示しているが,昭和46年度には86億円の予算を計上しており,前年度に比べ20%の増加となつている( 第3-20表 )。

第3-20表 科学研究費補助金の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ