ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術への新たな要請とそれへの対応
第2章  動き出した70年代の科学技術活動

1970年代を迎えて,科学技術に期待する要請は大きく変化しており,今後科学技術が人間の幸福を達成するための役割を果たしていくうえには,従来進められてきた科学技術活動の方向を単に延長していくだけでは不十分であり,多くの転換が必要とされている。

そこで,本章では第1章で指摘した70年代の科学技術活動の課題 1)社会的要因を重視した研究開発の推進 2)テクノロジー・アセスメントの確立 3)新しい科学技術分野の開拓をどのように進めようとしているかを概観するとともに,問題点を指摘する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ