ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第4章  科学技術振興基盤の強化
6  科学技術の普及啓発活動


科学技術の振興を図つていくうえで,科学技術の成果を迅速に普及する。とともに,広く一般国民の科学技術思考,知識の啓発および科学技術に関する施策についての理解を深めていくことが肝要である。

このため,昭和44年度においては,科学技術の普及活動として,中小企業の技術改善,技術指導,技術研修等に対する助成を行ない,技術士制度の活用が図られた。

また,啓発活動としては,科学技術功労者表彰,創意工夫功労者の表彰,発明の奨励,注目発明の選定および公表など行なうとともに,科学技術映画の製作,優秀科学映画の選定,表彰,科学博物館などの整備,各種広報,啓発誌の発行がなされた。また,科学技術週間,防災の日,原子力の日など各種の行事および地方発明センター,日本科学技術振興財団などの普及啓発団体,日本学術振興会等の普及啓発活動に対する助成および援助を行なつた。

さらに,地方科学技術振興会議,原子力セミナー等を開催するとともに,地方における科学技術の普及啓発活動を推進するために都道府県に対してサイエンス・カーの購入に対する補助を行なつた。   ′


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ