ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動

政府機関等における研究活動は,国立試験研究機関,国立大学および特殊法人機関において行なわれているが,科学技術振興における政府の役割が増大するにつれて,これらの機関に幅広い研究活動が要請されている。とくに,最近においては,環境問題や都市問題など政府が関与しなければ解決できないものがふえてきている一方,巨大科学技術,大型プロジェクトなどにみられるように国が中心となつて産業界,学界の協力のもとに,総合的かつ組織的に研究開発を進めることが重要になつてきており,これらの政府機関等の役割はますます大きくなつている。

現在,これら政府機関等の役割としては,おおむね,次のようなものを考えることができよう。

第1は,基礎研究の実施である。基礎研究は,わが国の科学技術水準の向上,研究開発基盤の確立を図るため政府が広範な分野にわたり,その充実に努めるべき分野である。

第2は,大規模な研究開発のうち重要なものおよび先導的,共通的技術の研究開発である。このようなものとしては,関連分野を総合して行なう必要のある研究があげられ,巨大科学技術などは,まさに政府が主体となつて実施すべき重要な研究活動の一つである。次に,産業技術の開発の基礎となる核心的,共通的な重要技術の研究開発であつて,直接的に利潤と結びつかないことなどのため,その実施を企業に期待できないものも,政府機関等の行なう研究分野である。

第3に,国民生活の向上を図るうえに重要であり,かつ公共性が高い公害防止,防災,医療技術等の研究開発も政府の果たす重要な役割の一つである。

以下,このような広範多岐にわたる政府機関等における研究活動の概要を述べることとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ