ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  技術交流および特許出願の動向
2  技術導入
(1)  技術導入件数の推移


技術導入件数は 第2-61図 にみられるように,昭和40年前後に一時低迷していたものの,その後経済の発展と昭和43年6月の技術導入の自由化の影響もあつて,昭和43年度は大幅に増加したが,昭和44年度は,5%減少し,1,629件となつた。このうち甲種の導入件数は1,154件で,前年度に比して9%増加したが,乙種は,475件で,前年度に比べ29%の大幅な減少を示した。

また,昭和25年度以降の技術導入件数の累計は13,235件に達し,このうち,甲種6,994件,乙種6,241件となつている。

第2-61図 技術導入件数の推移

導入件数の甲種,乙種別の割合の動向をみると,昭和43年度まではおおむね半々で推移していたが,昭和43年度の技術導入の自由化等を反映して,43年度以降は甲種の占める比率が高くなり,同年度は61%,44年度は71%となつている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ