ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  技術交流および特許出願の動向
1  技術貿易の概要


わが国の技術貿易は, 第2-60図 に示すように,年々拡大をつづけている。すなわち,昭和44年度における技術導入に伴う対価支払額は1,325億円に達し前年度に比して17%増加したが,技術輸出に伴う対価受取額も166億円と前年度に比して35%の大幅な増加をみせた。この結果,支払額に対する受取額の比率は,12.5%に上昇し,初めて12%台に達した。

また,昭和25年度以降の対価支払額累計は7,735億円に,対価受取額は648億円になり,支払額に対する受取額の比率は8.4%となつた。

第2-37表 主要国における技術貿易額

第2-60図 わが国における技術貿易の推移

このように技術貿易は拡大をつづけ,なかでも最近においては対価受取額の増加が著しくなつており,わが国の技術輸出が着実に伸長していることがうかがわれるが,これを欧米先進国に比較すると, 第2-37表 に示すように,わが国はまだかなり支払額が多く,アメリカの約2倍,西ドイツの1.3倍であるのに対し,受取額はアメリカの40分の1,西ドイツの2分の1である。また,支払額に対する受取額の比率では,わが国は極めて低位になつており,今後わが国の技術開発の強力な推進により技術輸出の拡大をはかる必要があろう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ