ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1  国内の動向
(3)  教育・研究の現状


科学技術情報の流通を促進するためには司書等のドクメンタリストのほかに図書館学に加えて,コンピュータ・サイエンスを含めた総合科学としての情報科学の知識を有する情報科学者が必要である。

しかし,前者についてはともかく,後者の教育,研修については,いまだ十分とはいえない状況にある。

以下,わが国における主要な教育・研修機関の現状について述べる。


(1) 日本ドクメンテーション協会(NIPDOC)

NIPDOCでは,ドクメンテーションの普及活動を中心的業務としているが,そのうち教育,研修的機能をもつ業務としては,企業における情報部門,企画,調査部門の担当者,管理者を対象に,ドクメンテーションに関する教育研修の機会を提供している。

昭和44年度においては,講習会(長期技術コース,長期機械化コース等)20回,ドクメンテーション・セミナー10回等を行なつた。


(2) 大学

慶応義塾大学では,昭和26年に文学部内にわが国最初の図書館学科を開設したが,その後コンピュータ・サイエンス,図書館学等情報科学に精通した人材が必要とされるに伴い,昭和43年にこれを図書館・情報学科に改組し,情報に関する専門家の養成を行なつている。

なお,本学科には修士課程があり,情報分析論,情報システム論,研究調査法,情報検索論などの学科目が設けられている。

またその他の大学においても電子計算機の発達とあいまつて,情報処理に関する科目および講座が新設されつつあるが,そのほとんどがコンピュータ・サイエンスを中心とするものである。


(3) 日本科学技術情報センター

日本科学技術情報センターでは,情報活動を普及するため,情報科学技術研究集会,講演会,講習会,講師派遣等を行なつている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ