ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第2章  科学技術情報活動の動向
1  国内の動向
(2)  科学技術情報サービスの現状


既存の科学技術情報機関のサービス機能は,NIST構想で提案されている諸サービス機能に比して,いまだ不十分な点が多いが,情報利用の要求の増大に対処し,サービスの充実を図ろうとする努力がみられる。以下,主な情報サービス機関の活動状況を述べる。


(1) 日本科学技術情報センター

日本科学技術情報センターは,昭和32年に設立されて以来,わが国の中枢的,総合的科学技術情報サービス機関として,その業務の拡充を図つてきており,設立以降の文献速報への抄録収録件数の年度別推移は 第2-53図 に示すように,年々伸びている。昭和45年度には,予算1,618,484千円(政府支出分852,000千円),人員333名に達し,収集処理規模については 第2-22表 , 第2-54図 および 第2-55図 に示すとおりである。

第2-53図 文献速報収録件数

日本科学技術情報センターでは,科学技術文献速報の編集に際して,収集された雑誌を,各雑誌の主題範囲別に,文献速報の編別に一応分類するが,抄録作成処理の段階では,記事の内容別に分類し,文献速報の各編に掲載している。たとえば,物理系の専門誌に掲載される記事でも,化学,原子力等他の専門分野にも関連する場合には,それぞれの分野の文献速報にも重複して掲載される。 第2-23表 は,文献速報の3分野以上にまたがつて収録された主要雑誌を示すリストである。このように,専門誌に掲載される情報は,複数分野にまたがつており,これらを効率的に流通させるため,総合的な情報機関としての日本科学技術情報センターの役割がますます重要となつている。

第2-22表 収集処理規模

第2‐23表 文献速報の3分野以上に収録された雑誌リスト(昭和41・42年度版)

第2-54図 収集雑誌の国別割合 (昭和45年度)

第2-55図 分野別収集雑誌数 (昭和45年度)

また,日本科学技術情報センターは,分野別の科学技術文献速報のほかに,海外技術ハイライト(月刊),外国特許速報(週刊),中小企業海外技術情報(月刊),食品工業技術情報,アルミニウム技術文献集,金属表面処理技術文献集,情報管理(月刊)等の刊行物を編集,発行している。

さらに,昭和45年度より,公害問題に対処する一助として「環境公害文献集」の編集発行を開始した。また,要望の強いタイトル速報(KWIC索引)については,昭和46年2月より,当面物理編に限つて編集している。これは処理雑誌59種(国内発行欧文誌5種を含む),収集件数24,000件/年を目途として,月2回発行するものである。なお,このほか,調査サービス,翻訳サービス,抄録サービス,複写サービス等の受託サービス業務の処理実績を 第2-24表 に示す。なお,日本科学技術情報センターには,科学技術情報処理に関する研究開発機能および教育研修機能があるが,これらについては後述する。

第2-24表 受託サービス業務の処理実績


(2) 国立国会図書館

国立国会図書館は,広く研究者,技術者に科学技術情報を提供するため,国の内外の図書,雑誌,技術レポート,博士論文,学協会ペーパー,国際会議録等を収集して利用に供している。

科学技術関係図書については,国内において刊行されたものは,納本制度により網羅的に収集されるが,外国のものについては,各専門分野の基本的な図書,調査研究に必要なハンドブック,事典,文献目録類など年間約3,000種を購入している。雑誌類については,現在海外の主要国で刊行されている科学技術関係誌(抄録誌等も含む)を約8,000種購入し,交換,寄贈等による政府刊行物を含めると約10,000種になる。

技術レポート類については,アメリカ政府レポート(PB-ADレポート),原子力レポート,学協会ペーパー等を収集している。その他外国博士論文,規格,特許等も収集して利用に供している。

また国立国会図書館が収集した科学技術資料については,下記に示すような目録,索引等を刊行し,国内の主要図書館,大学,研究機関等に配付している。

1) 納本週報(週刊)
2) 全日本出版物総目録(年刊)
3) 洋書速報(週刊)
4) 雑誌記事索引,科学技術編(月刊)昭和44年度は64,000タイトルを収録
5) 欧文逐次刊行物所蔵目録,同分類目録(1968年版)
6) 和雑誌目録稿(昭44年版)
7) Directory of Japanese Scientific Peri0dical (1967年版)
8) 海外科学技術資料月報(月刊)
9) 原子力関係資料目録(月刊)
10)  外国原子力関係機関刊行資料目録(年刊)
11) 外国航空・宇宙文献目録(年刊)
12) PBレポート所蔵目録(年刊)
13) PB-ADレポート対照索引(1966年版)
14)  科学技術文献サービス(季刊)

なお,国立国会図書館の昭和44年度および45年度において科学技術関係資料の収集にあてられた経費は,それぞれ1億円,1億300万円となつている。

国立国会図書館では,年々増大していく資料の管理とそれに伴う諸作業の複雑化に対応して,電子計算機による事務処理,情報検索計画に積極的に取り組んでいるが,これについては後述する。


(3) 学協会

学協会の情報活動の主体は,学会,研究会等による情報交換であるが,学協会誌等の刊行による情報流通も,重要な活動である。これら学協会誌には,抄録などの二次資料をつけているものが多い。学協会誌等のうち主要なものを 第2-25表 に示した。

第2-25表 主な学会誌等



前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ