ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   技術革新の歩みと新たな展開
第2章  社会・経済に対する技術革新の影響と近年の動き

わが国の戦後における技術革新は,化学工業,電子工業,機械工業など広範な部門にわたつて展開され,経済の高度成長や国民生活の改善と向上に大きく貢献してきた。

その反面,急激な生産拡大に対する社会資本の相対的不足,都市への人口の集中による過密化現象などの各種の諸要因とあいまつて,技術革新が進展していく過程で現代の社会にさまざまな好ましくない影響が生じている。

そこで,本章では技術革新が社会・経済にもたらす直接的な利益,すなわち主効果と,主として環境面で副次的にもたらされる負の影響を分析し,このような負の悪影響を取り除くための環境汚染防止に関する科学技術活動の現状を明らかにする。そして最後に,70年代の技術革新は,大きく変化する社会・経済からの要請に対処し,新たな観点にたつて展開しなければならないことを指摘する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ