ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
5  国立試験研究機関の研究成果
(1)  警察庁


〔アルコールの血中濃度〕

人体の血中アルコール濃度の測定について,その測定法の検討,飲酒量と血中濃度との関係の時間的経過等の実験を行ない,交通取締り,事故鑑識の面に応用されている。

〔微量油類の鑑別〕

放火,ひき逃げ等の犯罪に関連して,微量の油類の異同識別法について研究し,きわめて微量でしかも変質混合しているものについても鑑別が可能となつた。

〔モータリゼイションと青少年問題〕

一般青少年および非行少年が,自動車の運転,所有,使用に関してどのような関心,欲望をもつているか,また,盗犯および性犯の発生と自動車の関連等を明らかにし,今後の一般青少年対策および非行少年対策上貴重な資料を得た。

〔道路交通〕

多くの交さ道路網を有する広域地区の自動感応信号管制方法の開発に着手し,現在までに,電子計算機を応用する損失総時間最小法によるプログラムフォーミング手法および周辺装置の設計試作を完了した。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ