ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
3  国立大学における研究活動


国立大学における研究は,学部,付置研究所等において実施されており,基礎研究がその中心を占めているといえよう。

国立大学における経常研究は,主として国立大学教官当積算校費(教官研究費)によつてまかなわれており,昭和43年度および昭和4年度においては,それぞれ267億円,298億円が計上されている。これを教官1人当りの年次推移でみると, 第3-16表 に示すとおりである。

特別研究的なものとしては,特別事業と呼ばれるものがあり,国際共同研究等年次計画にしたがつて複数の学部,付置研究所が共同して推進するものである。昭和44年度の主な課題およびその予算を 第3-17表 に示す。

なお,このほか,毎年その約80%を国立大学に交付している文部省科学研究費補助金が,国立大学における学術研究の促進に果たしている役割は大きい(昭和44年度60億円)。

第3-16表 国立大学教官当積算校費の推移


第3-17表 国立大学,付置研究所における主な特別事業


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ