ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   政府の施策
第2章  政府機関等における研究活動
1  国立試験研究機関の研究活動
(1)  経常研究


経常研究は,比較的基礎分野に属する研究を中心とするもので,すべての研究活動の基礎となるものである。その研究費は,研究員当積算庁費(人当研究費)によつてまかなわれているが,昭和44年度の総額は58億円であり,国立試験研究機関庁費の約40%を占めている (第3-6図)

経常研究の充実は,この研究員当積算庁費の増額によつて行なわれるが,昭和44年度における単価は, 第3-7表 に示すとおり,前年度に対し平均10%程度の伸びを示した。

第3-5表 昭和43,44年度省庁別試験研究機関経費

第3-5図 国立試験研究機関経費の科目別内訳

第3-6図 試験研究機関庁費の事項別内訳

第3-6表 昭和43,44年度省庁別試験研究機関定員数

第3-7表 研究員当積算庁費単価の年度別推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ