ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  技術交流および特許出願の動向
2  技術輸出


わが国の技術貿易収支の比率はここ数年横ばい傾向にあり,昭和43年度において,支払額に対する受取額の比率は,わずか10.8%であり,大幅な支払超過となつている。

今後,民間企業における研究開発の活発化に伴い先進諸国の間では,商品貿易と並んで技術貿易が増していくことが予想される。技術輸出は,その後の商品輸出あるいは海外への資本進出に何らかの形でつながる可能性の強いものであり,わが国としても,今後一層拡大していくことが期待されているものである。昭和43年度に科学技術庁が行なつた調査によつても, 第2-98図 のようにほとんどの企業が技術輸出の成果を認めており,技術輸出の成果に対し否定的な回答をしているものはきわめてわずかである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ