ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第4章  技術交流および特許出願の動向
1  技術導入
(2)  技術導入許認可件数の推移


昭和40年前後に一時低迷していた技術導入件数は,経済の発展と昭和43年6月の技術導入の自由化措置の影響等もあつて,昭和43年度に大幅な増加をみせた。すなわち,昭和43年度における技術導入許認可件数は,甲種1,061件,乙種683件で合計1,744件に達し,昭和24年〜43年度の累計では,甲種5,840件,乙種5,766件に達した。これを前年度と比較すると甲種では,66.3%と最近5カ年間で最も高い増加率を示した。この結果,乙種は,40%の増加にとどまつたにもかかわらず,技術導入件数の合計では34.7%の増加となり,前年度の12.3%を大きく上回つた。

認可件数の過去の推移をみると,昭和30年代にはいつてからは31年度,35年度,38年度と過去3回のピークが表われているが,これらはいずれも経済が好況の年に当たつており,わが国の技術導入の認可件数は,経済の好不況と強い相関をもちながら推移してきたことがうかがわれる。

第2-91図 技術導入認可件数の推移


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ