ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第2部   科学技術活動の動向
第1章  研究活動の動向

経済的,社会的に科学技術の重要性の認識が今日ほど高まつている時代はない。それだけに,科学技術の発展の原動力となる研究活動に対する注目と期待は,大きなものがある。

わが国の研究活動は,研究投資などの面で欧米先進国に比し,なお,見劣りするが,昭和40年代にはいつてとくに急速に活発化してきている。

戦後のわが国の技術進歩が,主として外国技術の導入とその消化改良に依存してきたことは,本書の第1部でも述べているが,今後ますます進展することが予想される開放経済へ移行するなかで,激化する国際競争に対処しつつ,産業構造を高度化し,社会開発の推進等の社会・経済の要請に応えて新技術を開発していくためには,なおいつそうの研究活動の活発化が要請される。本章では,このような重要な意味をもつわが国の研究活動の現状と動向を,昭和42年度および昭和43年度の統計資料を中心に分析することとする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ