ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術発展の展望
第6章  科学技術の効率的振興
1  社会・経済の発展と科学技術振興
6)  鉱物資源の開発


ひつ迫する鉱物資源の安定的供給を図るために必要なものとして,地質調査技術,物理探査技術,ボーリング技術,大型採掘技術,未利用鉱物資源の利用技術の開発等がある。

従来,このような分野の技術開発は,導入技術の消化,吸収を基調に推進されてきたが,内外のきびしい情勢を考えるとき,今後は,自主技術開発を基調とした技術開発の展開が必要となつている。

また,農林水産業,中小企業等の低生産性部門の近代化に必要な技術的課題,民間企業の負担能力をこえる大規模プロジェクトあるいは将来の新産業の発展の基盤となる重要な技術的課題などについては,国の積極的な推進が望まれている。

最後に,第5章で示した新分野の開拓と科学技術水準の向上という面で要請されている課題を要約すると,次のとおりである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ