ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術発展の展望
第2章  技術発展の動向
2  技術発展と国民生活
(2)  便宜性の向上


科学技術の進歩により,交通機関や事務処理などの迅速化が図られるとともに,日常生活においても,種々の家庭製品の取扱いや操作が簡単になり,便利さは一段と向上した。事務処理の迅速化では,地方銀行データ通信システム,日本国有鉄道の座席予約システムなど,電子計算機と通信網との結合によるオンライン・リアルタイムなど,データ処理をあげることができる。

地方銀行データ通信システムは,従来の企業内データ通信システムと異なり,複数銀行間にまたがる業務を共同の情報処理センターを介して一元的に行なうもので,当面,為替業務を中心に,昭和43年7月に開始され,全国の62銀行約4,100店にわたるネットワークによつて銀行間の為替業務の迅速化を図つている。

このシステムによれば,従来,郵便や電報を利用した場合にはそれぞれ1〜3日あるいは2〜6時間を要したのに対して,わずか約30秒程度で処理できるようになり,即時為替サービスが可能になつた。

また,昭和35年から実用化された日本国有鉄道の座席予約システムも,中央装置と約850台の端末装置を用いて,現在では約40万席に及ぶ座席予約を約30秒程度で処理することを可能にし,サービスの改善に大きく寄与した。

一方,電話における自動化もめざましいものがある。すなわち,マイクロ波方式や同軸ケーブル方式など新技術の実用化により,同時に多量の通話を伝送することが可能となり,現在では全国の大半の主要都市相互間は,ダイヤルで直接に通話できるようになつた。このようにして,即時通話が達成されたため,われわれの家庭生活やビジネスにおいて,電話の便利さは一層高まり,迅速な活動を行なうことができるようになつた。

また,高速化による便宜性の向上の例としては,交通機関の到達時間の短縮化をあげることができる。

交通における技術進歩はめざましく,その高速性は著しく向上してきた。

たとえば,航空機では,プロペラ機からターボ・プロップ機,ターボ・ジェット機へと急速に発達し,速度は大巾に向上した。さらにより高速の超音速機の開発が期待されている。このようにして,遠距離の地にも,迅速に行くことが可能となり,時間的地図は大巾に縮小されるようになつた。

たとえば,東京〜サンフランシスコ間の到達時間の推移をみると,昭和29年にはDC6-Bで26時間を要したものが,昭和35年には,DC-8の就航によつて直行が可能となり9時間15分と,昭和29年に比べて,約3分の1の時間に短縮することができるようになつた。

また,国内航空機における時間短縮も, 第1-17図 のとおり著しいものがある。

一方,鉄道においても,前述したとおり高速化が進み,現在では東京〜大阪間は3時間10分で結ばれ,われわれの一日行動圏は飛躍的に拡大した。

第1-17図 航空機の到達時間短縮の推移

また,自動車に関する技術発展もめざましく,昭和38年の名神高速道路の開通以来,高速道路の整備拡充と相まつて,その性能を十分発揮することが可能となり,われわれの諸活動を大幅に迅速化することができるようになつた。

さらに,部品類の軽量小型化が可能となつたため,小型でありながら従来と同等,もしくはそれ以上の性能をもつことが可能となり,また物によつては,操作保守などが容易にでき手軽に持ち運びができるなど数々の便利さがもたらされるに至つた。

たとえば,電子技術の急速な発展に伴い,ラジオ,テレビ,テープレコーダなどの家庭用電気製品や卓上電子計算機などは,軽量小型化され,どこへでも手軽に持ち運びができるようになつているが,それでいて故障が少ないなど性能は大巾に向上している。

卓上電子計算機では,最近のIC使用のものと,従来のトランジスタ使用のものとを比較してみると,加算時間は約17分の1,主記憶装置容量は約26倍であり,さらに電動計算機に比べ,操作時に騒音がなく,複雑な計算を迅速にできるなど,すべての点ですぐれたものとなつた。

このほか,エンジンの軽量小型化によつてオートバイやスクータなどの簡便で小廻りのきく乗物が開発され,最近では持ち運びのできるようなものも出現した。

一方,自動化された製品が数多く出現するに至り,われわれの手を煩わすことなく,所期の目的を達成することができ,一層便利さが増した。

たとえば,建物,列車などに使われている自動ドア,自動調節装置のついたカラーテレビ,シャッター速度と絞りとが自動的に決まる全自動カメラ,自動温度調節装置のついた電気ごたつなどの暖房器具,自動車のギヤーチェンジの手間を省いた自動変速機など枚挙にいとまのないほどであり,これらによりわれわれは,能率的な活動をすることができるようになつた。そして,今後もこの傾向はますます強まることが予想される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ