ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   科学技術発展の展望
第1章  技術革新の新展開
2  技術革新の新展開


現代の科学技術は,社会の要請にこたえて技術革新を達成し,社会の進歩向上に大きな貢献をしている。しかしながら,社会が急速に発展し,高度化することによつて,新たな問題が発生する。そして,問題そのものも複雑化し,多様化するとともに,社会の欲求が高まるため,その解決は困難をきわめ,多大の努力を要するものとなる。高度に発展し,社会の要請にこたえらるほどに成熟した科学技術は,まさにこれらの問題を解決する鍵となつており,科学技術に対する要請も,不断に増大し,かつ,高度化することになるので,新たな技術革新の展開が必要となる。

1970年代を迎えた今日,科学技術に課された課題は多いが,とくに重要なものは,社会開発の推進,経済の効率的発展および新分野の開拓であろう。

すなわち,公害の防止,交通輸送の円滑化等の問題に代表される社会的アンバランスを是正するとともに,積極的に国民福祉の向上を図り,豊かな社会を建設することは,現代の科学技術に課された大きな課題の一つである。

したがつて,公害防止技術,大量高速輸送技術,医療保健技術等の科学技術の飛躍的発展を図り,社会開発の推進に努めなければならない。さらに,現代の社会における問題は,その原因が複雑多岐にわたるとともに,相互に密接に関連しあつているため,局部的な解決を図ることは,社会全体としてはかえつてマイナスに作用することもある。そこで,社会全体の立場から最適な解決策を求めるべくシステム技術の開発を進め,問題解決に導入することが必要である。

次に,経済の国際化と労働力不足型経済への移行が進展するなかで,物価の安定を図りつつ経済の成長を持続していくことは,国民生活の向上を図る上で必要不可欠であり,ここにも科学技術の果たすべき重要な役割がある。

戦後における重化学工業化を軸としたわが国経済の急速な成長を支えた大きな要因が技術革新であつたことは広く認められているが,今後一層の経済発展を図るため,産業構造の革新,中小企業,農林水産業の近代化を行ない,経済を効率化し,国際競争力を強化しなければならないわが国にとつて,科学技術を発展させ,技術革新の新展開を推進することは,きわめて重要である。

第3の課題は,新分野の開拓である。科学技術は,単に社会の要請にこたえるにとどまらず,積極的に新しい可能性を開くべく未知の領域に挑戦し,これを切りひらき,社会の発展を方向づけ,あるいは社会を先導するものである。そして,このような役割は,まさに科学技術に独得のものであり,科学技術が未来を築くものであることは,ここに明瞭にあらわれる。新分野の開拓としては,現在,原子力開発,宇宙開発,海洋開発をあげることができるが,さらに,今後,情報,生物,新材料等の分野の科学技術の発展が予想される。そして,これらの分野の重要性はきわめて大きく,社会を変革する原動力となろう。

科学技術は,これらの課題,そしてまた将来生じるであろう課題を解決する鍵として飛躍的に発展しなければならない。しかしながら科学技術は,労せずして進歩するものではない。科学技術を発展させるためには,多大の努力が必要である。現に,アメリカ等の先進国においては,科学技術の振興のために膨大な資源を投入しており,その成果もめざましいものがある。

わが国においても,従来から科学技術の重要性が認識され,科学技術の振興に努力が傾注されてきたが,わが国は,主として導入技術を消化,改良することによつて,迅速かつ効果的にわが国の技術水準を向上させ,先進諸国との技術格差を縮少してきたのであつた。

しかしながら,科学技術に課された課題には,導入技術によつて解決することが不可能なものも多くなりつつある。すなわち,わが国の技術水準が向上するにつれて,技術導入は困難の度を加えつつあるが,さらに資本取引の自由化の進展によつて,導入技術に依存してみずから技術を開発しなければ,すぐれた技術をもつ外国企業の進出を許し,外国企業による市場支配等の重大な影響をもたらすことにもなりかねない。また,社会開発関連技術のように,むしろ諸外国に先立つて開発すべき必要が生じているものがあると同時に,必要な新技術を諸外国に求めることが可能であるとはいえなくなつている分野もある。したがつて,今後は,導入技術に依存するだけでは不十分であり,導入技術を効果的に活用するとともに,みずから技術を積極的に開発することが重要である。

こうして,わが国も,導入技術依存方式から自主開発方式へと重点を移すべき転換期にさしかかつているといえよう。これを裏付けるかのように,最近わが国の研究投資は大幅に増加しつつあり,昭和43年度には7,678億円に達し,前年度に比較して1,618億円,26.5%もの伸びを示した。

いまや,われわれは,科学技術を高度に発展させることによつて,われわれの未来を設計し,これを実現することが可能な段階に達しつつあるのである。もちろん,科学技術は万能ではないし,また,必ずしも望ましい結果だけをもたらすとは限らない。とくに,社会が絶えず変化し,発展することによつて複雑化し,高度化する今日においては,科学技術が社会に適用された場合に生じる影響をあらかじめ慎重に検討し,その負の影響を軽減し,除去するための努力が必要である。たとえば,多様な危険物質の出現,生活環境の悪化,人間疎外等の問題は,このような配慮がいかに重要であるかを示すものであり,今後は,社会全体の立場から技術を評価し,管理することが強く要請されよう。

われわれは,科学技術を発展させることによつて,巨大な生産力を掌握し,原子力エネルギーを制御し,宇宙空間,海洋空間にまで活動領域を拡大しようとしている。こうして,われわれは,次第にさまざまの制約から解放され,未来を設計するための手段と余裕を手に入れつつある。もちろん,このような段階への移行は,ようやく始まつたばかりであり,技術を管理する技術,未来を設計する技術もきわめて初歩的な段階にある。しかしながら,われわれは,また微弱ながらも未来を支配する能力を与えられつつあるのであり,これを与えるものは,科学技術にほかならない。

いまこそ,われわれは,このような技術をも含めて,一層科学技術を発展させ,技術革新の新展開を図り,明確なビジョンをもつてわれわれの未来を設計すべき時に立ち至つているのである。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ