ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第7章  諸外国の動向

本章では諸外国の科学技術行政上の主要な新しい動向をとらえ,かつ研究開発活動の趨勢を研究費を中心として概観することとする。

アメリカにおいては,連邦政府の主導性が確立されているが,引き続き強力な歩を進めており,イギリスでは国防研究から国防以外の研究への重点移行という新たな方針を打ち出していらい,一年有余にわたつて科学技術行政の再整備に努めた。フランスは,第5次の経済社会開発計画のもとで技術開発への国の姿勢を強め,ドイツにおいても,科学研究省を中心とする総合的科学技術行政の基礎整備をおえて,いよいよ発展段階に入つたとみられる。

またソ連においては,行政機構の改革を行なつて,生産活動と科学技術の結びつきの強化をさらに推し進めた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ