ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第6章  科学技術情報活動
2  国際的な情報交流活動
6  日米科学委員会の活動


日米科学委員会の情報関係の活動は科学情報,資料分科会で行なわれており,今までに1)日米抄録機関代表者の会合の開催,2)一次刊行物の編集者の会合の開催,3)クリアリング・ハウスの設置,4)情報処理の分野における専門家の交流および成果の交換などが両国政府に勧告され,また,ドクメンテーションに関するセミナーの開催についても合意された。これらの勧告や合意に基づいて各種の会合が開かれて両国の協力関係が推進されている。

すなわち,昭和39年10月にワシントンにおいて科学情報に関する会合,昭和40年3月に東京で一次刊行物編集者会議,昭和40年5月にはニューヨークにおいて機械ほん訳協力研究第2回計画会議などが開かれた。

さらに,昭和40年9月には東京で日米物理科学系研究用物質に関する交換促進計画会議が開かれ,両国における研究用物質あるいはデータに関する国内情報流通体制の問題,これらに関する情報交換,物質交換の機構に関する問題等について討議が行なわれた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ