ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第6章  科学技術情報活動
2  国際的な情報交流活動


わが国で行なわれている科学技術情報の国際交流は,主としてわが国の大学,学・協会,研究機関などと,海外の関係機関との間の学術資料の交換,あるいは,わが国の情報機関と海外の機関との協定による政府出版物,特許資料などの交換の形で行なわれている。しかし,近年の科学技術情報量の増大により,情報の国際交流の体制を一層整備,強化することが必要とされてきており,これを促進するために各種の国際協力が行なわれている。これらの情報交流促進の計画を持つている国際機関には,UNESCO,OECD,国際ドクメンテーション連盟(FID),国際標準化機構(ISO),国際情報処理連盟(IFIP),国際学術連合会議(ICSU)などがあり,二国間協力活動としては,日米科学委員会の活動などがある。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ