ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
 
第5章  技術の交流
1  技術導入


第二次世界大戦後におけるわが国の活発な技術導入が,わが国の技術水準の遅れの現われとみれば一面好ましい事実ではないが,他面わが国の高い経済成長をもたらした大きな要因の一つであつたということは,一般的にいわれているところである。

技術導入の影響を現わす一つの指標として,技術導入を行なつた企業の総売上高に対する技術導入関連売上高の比率を,工業技術院の調査によつてみると,昭和39年度において平均26%であり,化学製品,化繊,通信,電子等の事業分野では40〜60%の高さを示している。

第5-1 甲種技術援助契約認可実績


このように,技術導入のわが国に与えた影響は極めて大きく,その重要性は今後もさほど変わるものではないと考えられるが,導入への過度の依存は,わが国の独自の技術発展を阻害することともなるので,今後は自己技術の開発に努めることによつて,導入技術への過度の依存を改善していくことが期待される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ