ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  はしがき

われわれの社会,経済の活動から,現在なにげなく過ごしている日常生活の一端に至るまで,人類の活動は,これまでの努力の積重ねにより発展してきた科学,技術の上に成り立つています。そして,われわれの,また,われわれの子孫の生活をより豊かなものとするためには,このような科学技術の発展を図ることが何よりも重要であるといえましよう。

いまや,科学技術の全体にわたつて,その基盤の確立と水準の向上に努め,研究活動を強力に推進して行くことは,人類全体に与えられた最大の課題であり,緊急の責務となつているのです。とくに,天然資源に恵まれていないわが国においては,開放経済にのぞみ,より急速に研究開発を推進することが国民的課題として,強く叫ばれています。

今回の科学技術白書は,このような科学技術の振興を図つていくとき,その基本的な前提となるわが国の科学技術の水準を的確に認識することを目的として,研究水準,研究活動をとりまく諸要因,研究投資,科学技術人材等,さまざまな面から,その現状と問題点を明らかにすることに努めました。

この白書によつて,国民の皆様方がいま当面しているこの大きな課題についての深い理解と認識をもたれ,わが国の科学技術の振興が一層促進されることとなれば,これにまさる喜びはありません。

昭和41年11月 有田 喜一 国務大臣 科学技術庁長官


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ