ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部  研究活動と研究投資
第3章  国際協力
4  国際会議と科学技術者の交流


最近の科学技術の進歩発展,交通通信手段の発達および研究の大規模化などに対応して,科学技術の国際交流と協力の度合は一段と高まつてきた。

このようなすう勢を背景にして,科学技術関係の国際会議が世界各地でひんぱんに開かれるようになつた。日本学術会議の関係する国際学術会議だけでも年間300にのぼり,このほか,各省庁,民間などの関係する国際会議を加えるとぼう大な数に達する。これらのすべての会議に出席しているわけではないが,年々会議出席者も増加の勢いにあり,これら会議のうちわが国で開催される重要会議も増えている。

またさらに,最近科学者,技術者の国際交流がますます盛んになつてきた。科学技術庁,文部省などが行なつている在外研究員制度による留学生の派遣のほか,国際機関や各種協定等に基づく留学生の派遣や受け入れ,さらに,開発途上にある諸外国との技術協力に基づく各種研修生の受け入れなどが漸次盛んになつてきている。

これらの科学技術者のへ交流や国際会議参加等の円滑な推進をはかるために,政府では1963年度から国際原子力機関(IAEA)関係担当の科学アタッシェを新たにウィーンに派遣するなど関係在外機関の充実と国際協力に関する国内体制の整備に努め各種調査連絡,情報収集などにあたつている。

第3-2表 科学アタッシェ所在地一覧

なお,科学技術者の国際交流と関連して,最近わが国では優秀な科学技術研究者の海外流出の問題がとりあげられている。

研究者の交流自体は望ましいにしても優秀な研究者の一方的な流出には問題があり,今後の人材の養成,処遇などとの関連も大きいので目下その実態の究明を急いでいる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ