ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部  研究活動と研究投資
第2章  総合分野における研究
11  都市交通
(1)  都市交通事故防止に関する研究


交通事故の原因の大半は自動車運転者にあり,交通違反や事故を重ねる運転者のうちには,性格的に運転にむかいものが多い。しだがつて,運転免許に際して,あらかじめこのような不適格者を排除する必要が痛感されており,有効な性格検査方法について,医学・心理学的な研究が続ゆられている。

また,自動車操縦機構の実現も事故防止に大きな意義をもつものと考えられ,誘導ケーブルによる無人操縦の研究はほぼ実用化を考え得る段階に達し,さらに,追突防止装置の開発が進められている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ