ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部  研究活動と研究投資
第2章  総合分野における研究
10  防災
(4)  沿岸防災に関する研究


台風・高潮・波浪・豪雨などによる沿岸施設・海岸低地の被害は,沿岸における複雑な自然現象に左右され,対策の樹立には総合的な基礎研究を必要としている。昭和39年からは,相模灘をモデル地区として各種の観測計器(風力,波力,波形,漂砂,波浪のエネルギースペクトルなどを対象とする)の試作開発が開始された。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ