ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§17  輸送
II  鉄道輸送
3.  モノレール鉄道


最近モノレール方式による鉄道が世界各国で研究され,一部では実用化されている。これは高架に築いた一本の桁の上を跨座式,あるいは懸垂式によつて運転するもので,その軌道構造が簡単なため,普通の高架鉄道あるいは地下鉄道に比し建設費が安く,かつ普通ゴム車輪を使うので,自動車と同様の運転性能を示し,騒音がなく乗心地が良いなどの特長を有する。しかし一般の鉄道に比して輸送量が少ないこと,転てつ器が複雑になることなどが短所である。現在のところまだ遊園地等のリクリエーション用として試用の段階であるが,将来は都市交通の混雑緩和,空港と都心との連絡,あるいは観光用等として期待されている。

図17-7 各国鉄道代表的列車の表定速度の比較


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ