ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§15  建設技術
III  海外建設技術協力と外国技術の影響
3.  技術導入と外国技術の影響

わが国の建設技術は,地震あるいは地質,地盤といつた特殊性から,従来,独特の発達をとげてきたが,戦後,機械化施工の機運が高まるとともに,技術導入も活発に行なわれるようになつた。

プレパクトコンクリート法,P.Sコンクリートエ法,種々のダム建設技術,高速道路の設計におけるクロソイド曲線の採用,しゆんせつ船等は,導入技術に依存している。

最近では,ソ連からシリカチート,スエーデンからシボレツクスといつた新しい建材の技術導入がおこなわれた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ