ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  各論
§14  コンビナート
I  コンビナートの発展の方向と問題点

最近,コンビナートが産業の発展に関連して世上の関心を集めている。とくに重化学工業の進歩は,コンビナートを抜きにしては論ずることができない。コンビナート化を促進する最も大きな要素の一つは技術革新の急速な進展のテンポである。

技術の進歩にしたがい,技術的な合理性と経済性を総合した生産体系としての工場結合であり,企業結合でもあるコンビナートは,その形態や内容を変化させてきている。「コンビナート」という言葉にはつきりした概念規定はないが,異種の工業部門(生産部門,工場,企業)が技術的に結合しあつた状態を指すものであると一般的に説明されている。そしてコンビナートにおける生産結合,工場結合,企業結合は相互には補助的であるが,技術的見地から見れば一つの生産的単一体を形成しており,緊密な工学的過程における連続性と,経済的な関連性に貫ぬかれているのが通常であるとされている。

このようなコンビナートの発展方向はどのようなものであろうか。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ